もう失敗しない!ダイエットのメカニズムと成功のコツ

痩せよう!そう決心した時に「とりあえず、ダイエットしてみるかな」と安直に取り組む人はいないでしょう。願わくばもう太りたくない。生涯ずっと痩せているために意を決してダイエットに挑戦するかと思います。

しかし悲しいことに、非常に高い確率でリバウンドして元の体重に戻ってしまいます。なぜそのようなことになってしまうのでしょうか?

それには、人体そのものが本来持つ生体メカニズムが働くからだと考えられています。長い歴史の中で幾度となく飢餓を経験してきた人体が、常に脂肪を蓄えようという方向に作用し、私たちはその見えない力に屈してしまうのです。

 

リバウンドの繰り返しが、痩せにくい体をつくってしまう

この力に抵抗するには、強い意志の継続と完璧な行動変容が必要になります。リバウンドを繰り返すことをウエイトサイクリングと言いますが、運動せずに体重だけを落とすと筋肉も落ちてしまうので体脂肪率が増加してしまうのです。体脂肪率が高いということは痩せにくい体になってしまっていることなので、さらにダイエットを困難にしてしまうのです。リバウンドによる繰り返される体重の増減は体にも良くありません。あなたはどうですか?リバウンドを繰り返していませんか?

では、どのようにすればダイエットに成功できるのでしょうか?

ダイエットとは新しいライフスタイルを勝ち取ること

まず計画を立てるスタート段階が大事です。ダイエット期間中の計画と併せて、ダイエット達成後の体重維持期間の計画までを一緒に作ります。ダイエットをするにあたって重要なのはライフスタイルを変えることです。ダイエット期間中に変えることに成功したライフスタイルは「元に戻れ」と体が要求するので、それに素直に応じてしまっては元も子もありません。

そしてこの時が大切なのです。何の原因もなく体重が元に戻ることなどありえません。それはライフスタイルが元に戻ってしまっただけなのです。こうならないためにも、ダイエットに成功した時点をセットポイントとして、この時のライフスタイルをスタンダードにしてしまうのです。それには強い意志の継続が必要ですが、ダイエット期間中は可能だった新しいライフスタイル。継続できないということはないと思います。

新しく手に入れたライフスタイルを元に戻さないために

基本は継続と反復です。新しく手に入れたライフスタイルを継続するには、それを“習慣化”するしかありません。毎日歯を磨くことは苦ではありませんよね。これと同様に、ダイエットに繋がる行為を習慣化してしまうことが重要なのです。ダイエットをする以前の生活と比べて、ダイエット期間中にやめたこと、はじめたこと、それぞれをよく考えてみて下さい。きっといろいろあるはずです。

太らない人は、太らない体でいる状態を維持することが習慣化できているだけなんです。それは無意識なのかもしれません。逆に太っている人は、太っている体を維持するための習慣が無意識の中にあるのかもしれません。

 

ダイエットアドバイザーは習慣の中に問題点を見つけ、改善へ導く仕事

人それぞれに太る習慣があると思います。例えば缶コーヒー(加糖)を一日に6~7本飲んでいたという男性もいます。朝駅で飲んで、外回りで飲んで、会社で飲んで、帰りに飲んで、家でも飲んで…ケース買いまでしている人でした。本人はそれで太るという意識はまったくないのです。傍から見たら「えっ?」と思うような話ですよね。そしてこの方は缶コーヒーをやめるだけで痩せました。

これは極端な例ですが、ご飯を食べる順番を変えたり食べる速さを変えるだけで痩せるということもあります。もちろんどちらも無意識でやってしまっていることです。このように

太る習慣は本人が“無意識”でやっていることが多いのです。

無意識でやってしまっている太る習慣を見つけ、改善へ導くアドバイスをするのがダイエットアドバイザーの仕事です。暴飲暴食のようなわかりやい行為ではなく、太る原因は生活の中に細かく潜んでいるので、それらを一つ一つ拾い出し変えていくのです。

 

「我慢は禁物」そして「結果は急がず」

ダイエットアドバイザーの基本の考え方は「我慢は禁物」です。我慢を伴う行為は習慣化しないからです。短期的に結果を出したいのであれば我慢も効果的かもしれませんが、継続して効果を維持できるダイエットを目指すのであれば「痩せるための習慣を身につける」ことが大切です。

ダイエットは無理なく一生続けるもの。そのためには現在の習慣を今一度見直してみることから始め、新たに太らない体を維持するための習慣を自分のものとする必要がありそうです。

ダイエットアドバイザーについて詳しく知りたい方はこちら