ダイエットアドバイザーを本業に生かしている事例をご紹介します!


2020年3月12日

日本肥満予防健康協会が開講しているダイエットアドバイザー講座はダイエットのやり方や指導方法を実践的に学ぶことができるので、多様な業種の方に人気の講座となっております。今回はその資格を本業に生かしている方の具体的な事例をご紹介させていただきます。

ダイエットアドバイザーの資格を活用して仕事の幅が広がった!

 

・健康食品の店舗を経営する方の事例

もともと健康食品を販売する店舗を運営されていた方が、ダイエットアドバイザーの資格を取得してからは店舗で指導・レクチャーをするようになりました。そして今ではダイエットアドバイザーの講師になられて、資格取得のための講座もやっていらっしゃいます。講座を受けて指導者になった方が暖簾分けのような形で講師を増やしていき、その方々を通じて健康食品のさらなる販売にもつなげていらっしゃいます。これはただ商品を売るのではなく、そこに具体的なアドバイスをつけたことによって付加価値が加わり集客に成功された事例といえます。

 

・主婦の方が起業支援コンサルタントに!

主婦でパートをやられていた方がダイエットアドバイザーの資格を取得し講師になられて独立されました。最初はセミナー会場を借りてやられていたのが、今では駅前に教室を構えていらっしゃいます。そして今では女性の起業支援のコンサルティングにまで活動の幅を広げていらっしゃいます。ダイエットアドバイザーの資格取得が大きな一歩を踏み出す勇気となり、その後の活動が自信を持って展開されていったようです。

 

・まつ毛エクステサロンの方

まつ毛エクステサロンの集客のフックに、ダイエットアドバイザーの資格を利用されています。ダイエットをテーマにすることで興味を惹きつけやすくし、その後の自分のサービスにも導入しやすくするというサロン経営者の方は多くいらっしゃいます。ダイエットというテーマは誰にとっても身近なことから、集客をするには最適な入り口かもしれませんね。

 

・30分間フィットネスの経営者の方

30分間で健康機能の向上を高めるフィットネス教室を経営されている方がダイエットアドバイザーの理念に賛同してくださり、従業員さん全員に資格取得をさせている会社があります。インストラクターの方は体の動かし方のプロではありますが、ダイエットアドバイザーの資格を取得することで食事のプロにもなれるので、双方からのアプローチができるようになりサービスに厚みが出たとご満足いただいております。

 

ダイエットアドバイザーになると話せるようになること

 

ダイエットアドバイザーの資格を取得すると

・正しい食事と運動がどういうものか理解し的確に伝えることができる

・正しいダイエットの手法を協会のカルテを使用しながら具体的に伝えることができる

ようになります。

ダイエットについて正しい知識を持っている一般の方は少ないため、美容や健康に関する接客のお仕事に従事されている方にとってはものすごい武器になります。今後も需要が増え続けるダイエットの知識。しっかりと身に付けたい方はぜひダイエットアドバイザーの資格取得をご検討ください。

 

JOPHダイエットアドバイザーについてはコチラ!