食品表示実務者講座

講座内容

本講座は、食品を取扱う業務で欠かすことのできない『表示』・『仕様書(規格書)』の作成方法、『表示チェック』のポイントについて、一般的な加工食品を題材に学ぶことが出来る実践的な講座です。商品開発や品質管理に関するスキルの向上、社内外の技能検定などに役立てることを目的としています。

講座ポイント

第1部では「一般的な加工食品の表示作成に必要となる知識の学習」、第2部では「作成された表示内容を確認する際に重要なポイントの確認」、第3部では「商品仕様書の具体的な記載方法の学習」をすることで、食品の表示作成に必要な知識を一貫して習得することが可能です。また、学習後の確認問題で理解度を自己チェックでききます。
一つ一つの講座が数分の短い時間で構成されているため、ちょっとした空き時間を利用して学習することが可能です。また、授業を受けるような感覚で、動画コンテンツにより必要な内容を繰り返し学べる環境をご提供いたします。

こんな方におススメ!

食品製造・販売にたずさわる方、食品や食品にかかわるお仕事に興味をお持ちの方

○食品製造・販売にたずさわる方
・スキルアップ、資格取得に。
メーカーの商品開発担当から品質管理担当の方、小売業の仕入れ担当から品質管理担当の方など、幅広くお使いいただけます。

○食品や食品にかかわるお仕事に興味をお持ちの方
・表示に関する知識の習得、資格の習得に。

資料請求/お申込み

資格講座にご関心をお持ちいただきました方は、まずは資料請求をしてみてください。
また、ネット受講をご希望の方は、講座のお申込みをお進みください。

  • 資料請求
  • WEB講座 申込

まなびの流れ

ステップ1

お申込いただくと、学習専用のURLとID、パスワード、テキストがお手元に届きます。


ステップ2

まずは、表示作成の心構え、表示の方法、識別マーク等基本的な表示の作成の基礎から学びます。


ステップ3

次に表示内容の確認について学習します。薬事法、健康増進法等、関係諸法令とのチェックも確認します。


ステップ4

最後に食品の仕様書の記載方法から管理まで学習します。
受講終了後に修了証を発行します。


講師からのアドバイス

食品表示の管理は企業コンプライアンスとして重要な位置づけになっており、食品の表示に関わる民間の資格認定制度や社内資格など、表示に関するスキルの資格制度が広まりを見せています。
一方、食品安全基本法では、消費者の役割として「食品の安全性の確保に関し知識と理解を深める」との記載もあり、食品を消費する立場の方にとっても、アレルギーにかかわる原材料や食品添加物、遺伝子組換え、栄養成分など、命にかかわる情報から健康管理に役立つ内容が記載された食品表示について知識を深めることが求められる時代です。
1つのテーマを数分の短い時間で学習できる構成とすることで、複雑な法律も分かりやすくなるように工夫しています。ちょっとした空き時間を利用しての学習も可能ですので、気軽に学習をスタートしていただけます。

受講生メッセージ

本当に実務に直結している講座だと感じました。
業務の中で、一つ一つ確認しなければならないことが、ほぼこの講座の中に集約されていると思います。また、この講座の知識で「食品表示検定」にも挑戦する自信が持てました。
料理研究家 木田マリ

  • 資料請求
  • WEB講座 申込

よくある質問

  • 勉強する時間がまとめて取れませんが大丈夫でしょうか?

    一つ一つの講座が数分で完結できるように構成されていますので、ちょっとした空き時間を利用して学習することが出来ます。

  • 就職には有利でしょうか?

    実務者向けの講座となっておりますので、お仕事には即活用できると思います。

疑問や不安はお問い合わせ

メールでのご質問はいつでも受け付けております。

教材内容

本講座は、食品を取扱う業務で欠かすことのできない『表示』・『仕様書(規格書)』の作成方法、『表示チェック』のポイントについて、一般的な加工食品を題材に学ぶことが出来る実践的な講座です。
商品開発や品質管理に関するスキルの向上、社内外の技能検定などに役立てることを目的としています。

  • 資料請求
  • WEB講座 申込

講座費用

WEB講座 ¥25,920(税込) テキスト1冊

カリキュラムご案内

第1部 基本的な表示の作成

1.食品表示の構成
1-1 食品表示の構成
1-2 義務表示・任意表示

2.表示作成の手順
2-1 表示作成にあたっての心構え
2-2 表示作成のための情報収集
2-3 表示すべき事項の検討
2-4 表示すべき内容の検討
2-5 表示の点検・確認/発売後の管理

3.名称の表示
3-1 名称の表示方法
3-2 名称が定められた食品の注意
3-3 名称に関するその他の注意

4.原材料名の表示
4-1 原材料名の表示方法
4-2 個別に表示基準等のある食品の注意

5.原材料名の表示(食品添加物)
5-1 食品添加物の表示方法
5-2 食品添加物の種類と表示方法
5-3 食品添加物表示の省略

6.原材料名の表示(アレルギー表示)
6-1 アレルギー特定原材料の表示方法
6-2 アレルギー特定原材料等の対象
6-3 アレルギーの注意喚起表示

7.原料原産地名の表示
7-1 原料原産地の表示方法
7-2 原料原産地表示の対象
7-3 原料原産地表示の注意点

8.内容量の表示
8-1 内容量の表示方法
8-2 内容量表示の注意点

9.期限表示
9-1 賞味・消費期限の表示方法
9-2 期限の設定、変更の注意
9-3 期限表示の省略

10.保存方法の表示
10-1 保存方法の表示方法
10-2 保存方法の省略と変更

11.原産国名の表示

12.保存方法の表示
12-1 製造者等の表示方法
12-2 製造者等の表示方法の注意

13.表示に使用する文字等の規制

14.リサイクル法の表示
14-1 識別表示の対象とマークの種類
14-2 識別表示の基本的な表示方法
14-3 多重容器包装の注意点/表示の省略

15.その他の表示
15-1 特色のある原材料の表示
15-2 公正競争規約の表示

16.業者間取引する場合の注意

第2部 表示内容の確認
1.一般的な加工食品の表示
1-1 一般的な加工食品の表示事項
1-2 表示事項のポイント
1-3 パッケージのチェック項目
2.訴求表示のチェック
2-1 訴求表示の注意点
2-2 不当景品類及び不当表示防止法
2-3 栄養成分に関する表示
2-4 健康増進法と薬事法の禁止表示
第3部 商品仕様書の作成
1.商品仕様書作成の準備
1-1 食品表示と仕様書の関わり
1-2 商品仕様書の主な構成要素
1-3 商品仕様書作成時の注意点
2.商品仕様書の記載方法
2-1 仕様書表紙の作成
2-2 配合仕様書の作成
2-3 製造工程・製品規格書の作成
2-4 表示規格書の作成
2-5 包装・物流規格書の作成
3.商品仕様書の管理
3-1 商品仕様書の記載内容チェック
3-2 商品仕様書の管理

資格取得・認定のご案内

受講修了後、株式会社 消費経済研究所一般社団法人 日本肥満予防健康協会より修了書が発行ざれます。