カレー大學認定 【カレー伝導師】

講座内容

本資格講座は、カレーを徹底して学ぶことにより、ビジネス、趣味、家でのカレー作りなど多方面の方々に役立つ講座です。みなさんはどれくらいカレーのことを知っているでしょうか?意外に知らないのではないでしょうか。
本講座はカレーの基本的な知識全般を習得します。具体的な内容は、カレーに関する概論、歴史、文化(社会学)、商品知識(商品学)、調理料理方法(調理学)、食べ歩き法です。カレーを体系的かつ実践的に学ぶことができます。単なる知識だけでなく、カレーでビジネスや家庭で実用的で実績できる「生きた学問」を学びます。カレーなので楽しく学べる講座です。

講座ポイント

知っているようで知らない「カレー」の正体を知ることができます。単にカレーの知識を得るだけでなくカレーを用いて実社会で役立つ実用的で実 益のある実践的な講座となっています。カレー界の第一人者である井上岳久(株式会社カレー総合研究所代表)がこれまでにカレーミュージアム、複数の大学での研究、テレビなどのメディア出演などで得たカレーの広く深い知識に、最先端のカレー事情を加味したコンテンツです。カレーにおける日本の最高峰のカレー講座と言えます。

こんな方におススメ!

カレーマニアでカレーを基本から学びたい方、カレーを趣味にしたい方、カレーをビジネスにしている人(カレーの商品開発、カレーマーチャンダイザー、カレーまちおこしプロデューサー、カレー店の経営者、料理教室主宰者など)、カレー知識を深めことで食文化を極めようとする方(料理研究家、フードライターなど)、カレー知識を商売にしている方(編集者、企画会社、ライター、テレビディレクターなど)・・など、ぜひ、受講ください。一緒に学びましょう。

資料請求/お申込み

講座にご関心をお持ちいただきました方は、まずは資料請求をしてみてください。
また、ネット受講をご希望の方は、講座のお申込みをお進みください。

自称「カレー通」は卒業しよう! カレー好きの諸君よ、 一度、本気で「カレー」を学ぼうではないか?カレーを学ぶとイイことがたくさん。カレーが10倍以上は美味しくなる、カレーの薀蓄を語ることができる、おいしいカレーが作れる、などだ。

認定団体 カレー大學
http://www.currydaigaku.jp/

申込、お問合わせ
講座運営団体 日本肥満予防健康協会
奈良県桜井市初瀬1605
TEL:0120-804-316 FAX:0120-377-179
E-MAIL:styley-life@himanyobou.jp

  • 資料請求
  • WEB講座 申込

まなびの流れ

ステップ1

第1講座「カレー概論」:カレーとはいったい何か、を学びます。
第2講座「カレーの歴史」:カレーにおける歴史を日本史と世界史で学びます。


ステップ2

第3講座「カレー社会学」:カレーに関する文化と社会現象などを学びます。
第4講座「カレー商品学」:カレー商品の数々について学びます。


ステップ3

第5講座「カレー調理学」:カレー調理方法の基本を学びます。
第6講座「カレー食べ歩き」:カレーの食べ歩く際の原理原則を学びます。~


ステップ4

カレー大學院へ。カレー大學を卒業された方でさらに学びたい方は「カレー大學院」があります。カレービジネスのプロを目指します。

試験結果送付
合格通知発送時に協会入会申請書が送られてきます。
必要事項を記入して協会までご送付下さい。
同時に認定料5,400円(税込)、協会年会費5,400円(税込)をお振込下さい。
入会申込書、認定料、年会費のご入金確認後に認定証、協会員カードの発行


講師からのアドバイス

君も真の「カレー人」になろう!いったい、どれくらいカレーのことを知っているであろうか?いつも家で食べるカレーがすべてと思っていないだろうか?
実はカレーの世界は幅広く奥が深いカレーを極めましょう!そして一緒にカレー界を盛り上げていきましょう!たかがカレー、されどカレー。知っているようで知らないカレーを極めればビジネスに、家庭に、地域に活かせるぞ!君もカレー大學で学ぼう!カレーの伝道師になろう!
カレー大學学長 井上 岳久

受講生メッセージ

カレーの知識を基本から専門的なレベルまでトータルで聞ける貴重な講座です。今まできいたことのないカリキュラム。コンサルティングをされている井上学長の独自の視点が組み込まれた授業内容で、カレー好きの方だけでなく、カレーをビジネスで必要とされている方に、オススメの、おもしろい、ためになる唯一の講座でした。料理研究家として、美味しいだけでなく、ヒットする、売れる、個性のあるカレーの必要性を実感しました。カレーのレシピ提案をする際は説得力を持って、クライアントの要望に応えることができるようになり、自身にもつながりました。
料理研究家 木田マリ

  • 資料請求
  • WEB講座 申込

よくある質問

  • 国家資格ですか?

    国家資格ではありません。資格講座です。

  • どのような方が受講されていますか?

    料理研究家、カレー店の経営者、フードコーディネーター、食品マーティング、企画、編集者、もちろん、カレーの大好きな方など、カレーに興味を持っている方が多く受講されています。

  • この資格を取得したら大學の仕事に携われますか?また、大學から仕事を斡旋していただけますか?

    すべての方にお仕事を斡旋できることはありませんが、意欲の高い方には、さらにスキルアップしていただき、指導者としての活躍をお願いすることもございます。詳しくはカレー大學OBの会までお問い合わせください。

疑問や不安はお問い合わせ

カレー大學は楽しく面白く学べます。「カレー」自体を学ぶので、勉強するというよりも雑学や趣味を身に付ける感覚で学べます。講義にグイグイ、引き込まれていき、あっという間の5時間で、あっという間にカレーが身についています。

教材内容

たかがカレー、されどカレー。知っているようで知らないカレーを極めればビジネスに、家庭に、地域に活かせる講座です。

本講座はカレーの基本的な知識全般を習得します。具体的な内容は、カレーに関する概論、歴史、文化(社会学)、商品知識(商品学)、調理料理方法(調理学)、食べ歩き法です。カレーを体系的かつ実践的に学ぶことができます。単なる知識だけでなく、カレーでビジネスや家庭で実用的で実績できる「生きた学問」を学びます。カレーなので楽しく学べる講座です。

  • 資料請求
  • WEB講座 申込

講座費用

WEB講座 ¥21,600(税込) 【WEB講座】
◆講義用レジュメ
◆基本テキスト

カリキュラムご案内

■カレー概論 ~カレーとは何か~

①カレーの定義 
カレーとインドについて
インド料理との関係について

②スパイスの基礎知識
スパイスの成り立ち
スパイスの定義
スパイスの役割

③カレーの種類
カレー分類法
カレーカテゴリー1/インドカレー編
カレーカテゴリー2/欧風カレー編
カレーカテゴリー3/日本進化型カレー編

■カレーの歴史 

                

④カレー世界史
カレーの広まり
カレーの発祥
インドカレー史
インドからヨーロッパへ
「curry」の名称の由来
ヨーロッパでカレーが浸透

⑤カレー日本史
日本に伝来
札幌とカレー/クラーク博士
伝来時の日本人とカレーの接触
日本最古のカレーレシピ
カレーが登場する文学作品一覧
明治のカレー粉事情と国産カレー粉の開発
明治のカレー事情
国産のカレーの開発と普及
大正・昭和初期のカレー
庶民への浸透 ~庶民がカレーの味を知る~
固形カレールウの登場
レトルトカレーの誕生
平成新時代のカレー
世界初のカレーのテーマパーク
伝説の「横濱カレーミュージアム」とは!

■カレー社会学 

                

⑥カレー社会状況
日本人のカレーを食べる頻度
カレー消費都市
カレー(専門)店の多い都市

⑦カレーブーム
カレーと流行トレンド
カレートレンド史

⑧カレーまちおこし
日本全国のカレーまちおこし
代表的なご当地カレー
カレーまちおこし/成功都市事例

■カレー商品学 

                 

⑨カレールウ

カレールウの定義
カレールウの歴史
カレールウの種類
カレールウの特長
子ども向けカレールウ
大人向けカレールウ

⑩レトルトカレー
レトルトカレーの定義
レトルトカレーの歴史
レトルトカレーの種類
レトルトカレーの特長
大衆価格帯のレトルトカレー
普及価格帯のレトルトカレー
高級価格帯のレトルトカレー
ご当地のレトルトカレー

⑪カレー粉他
カレー粉の定義
カレー粉の特徴他
その他

■カレー調理学 

                 

⑫インドカレーの作り方
インドカレーの定義
インド料理とスパイスについて
インドカレーの調理法
代表的なインドカレーのレシピ

⑬欧風カレーの作り方
欧風カレーの定義
欧風カレーの調理法
代表的な欧風カレーのレシピ
カレー粉の調理法
カレールウの調理法
隠し味について

■カレー食べ歩き学 

              

⑭カレー食べ歩きの基本
カレーの食べ歩き法
食べ歩きの基本手順

⑮カレー食べ歩き戦略立案法とツール
食べ歩き戦略
食べ歩きツール

⑯日本カレー史総合年表

資格取得・認定のご案内

<認定試験>
受験資格: 6科目受講終了後に受験可能
認定料: 5,400円(税込)
試験形式: 四択
出題数: 50問
点数設定: 1問4点×50問=100点満点
合格基準: 80点(40問正解)以上

不合格者対応:
同問題を再度受験し、80点以上で合格

※同日の追試は不可(24時間以降に再試験)
※再試験は2回まで(計3回まで試験は受けられる)
※3回不合格になった方はレポート提出で合否判断

認定を受けるためには協会への入会が必要です。
(要認定料5,400円(税込)、及び年会費5,400円(税込))
協会へ入会で認定証、協会員カードの発行
※協会への入会は任意です。