一週間で何㎏やせる?楽々ダイエット! 正しいダイエットとは。


2014年10月27日

日本の肥満者は2,300万人以上。やせたい人はなぜかそれ以上にいる。

日本人は欧米人に比べてBMIが比較的小さくても、重大な病気にかかりやすいことが分かっています。
男性は肥満者が増加し「ダイエット」はもはや女性のための言葉ではなくなりました。
そして、若い女性には過度な減量をしてしまう低体重の方が増加傾向にあります。
「ダイエットはとにかくやせればいい」というものではありません。
「ダイエット」「肥満」「メタボ」を軽いイメージでとらえるのは少し危険です。

BMI 18がモデル理想体重といわれています。多くの方がダイエットに関心を持ち痩せたいと思っているのは事実です。日本では2,300万人以上の人たちが肥満といわれ、痩せたいというダイエット希望者は4,000万人もいるという報告もあります。
成人女性の約80%、男性の約70%がダイエット経験があり、関心の強さを示しています。

一週間で7㎏やせる!は本当に正しいダイエット方法なのでしょうか?
リバウンドは?健康は?
巷には大きなビジネスチャンスととらえ商業ベースの新しいダイエット法や、わずかな食材や栄養に頼った健康法が雨後の竹の子のように次々と登場します。
雑誌には使用前、使用後の写真と共に衝動をそそるキャッチコピーが踊っています。
「一週間で7㎏痩せる脅威のダイエット」
「スーパーモデル御用達ダイエットサプリメント」
「飲むだけで痩せる魔法のダイエット」
「太る成分カット、どんどん食べて満腹ダイエット」などなど。
本当に健康的に痩せることが出来るのでしょうか?リバウンドはしないのでしょうか?
分かりやすい写真やキャッチフレーズに欲望をそそられてしまいがちです。

でも良く考えて見て下さい。
“飽食の時代”といわれる現代日本社会は、飢餓などを乗り越えてきた人類の長い歴史から比べれば、ほんの一瞬の輝きです。
私たちの体には、飢餓を乗り越え生き残るための機能が備わっています。
今の時代、その機能を“コントロールするライフスタイル”が必要なのです。

[ポイント]
現在の日本では肥満者が減る傾向に無いことは紛れも無い事実です。
2,300万人もの肥満者を抱え、さらに伝染病の様に増加しています。
ダイエットに楽をして簡単に痩せることが出来る王道など無いのです。

太っている人には「太っている人の常識がある。」
やせすぎの人には「やせすぎの人の常識がある。」
唯一、王道は
「今の“あなたの常識”を、“健康的にやせている人の常識”に変えること。」

「ダイエットは太らないライフスタイルに!」